がん検診

 

がん検診には、各市区町村単位で実施されている住民検診や、企業が従業員のために行う職場検診などがあります。

 

住民検診の場合、内容は自治体によって多少異なりますが、日本人に多くみられるがんを中心に行われ、胃がん肺がん大腸がんは40歳以上、子宮がん乳がんは30歳以上が対象となっています。

 

詳しい内容や手続きについては、それぞれの地域の保健所か役所に尋ねましょう。

 

集団検診以外に個人で医療機関での検診を予約して、がんの個別検診を受けることも早期発見には有効です。

 

個別検診では健康保険は適用されないので、全額自己負担となりますが、自分の都合に合わせて日時も決められ、気になる症状について重点的に検査をしてもらえるというメリットがあります。

 

個別検診を受けられる病院を紹介してもらいたいときには、最寄りの保健所に相談してみましょう。

 

がんの自覚症状

がんは全身のさまざまな臓器に発生し、症状もそれぞれのがんで異なりますが、初期にはほとんど自覚症状が現れないのが特徴です。

 

症状があっても初めはごく軽く、多くはがん特有のものではないので、受診を引き延ばして手遅れになるケースがあります。

 

何らかの症状に気づいたら、医師の診察を受けて原因を明らかにしましょう。

 

日本医科大学健診医療センター

 

がん予防関連ページ

 

 

 


このページの先頭へ戻る