子宮がん検査キット

がん検査キット

デメカル 

GME医学検査研究所 

KENSA 

ドクターアンドポスト 

子宮頸がん検査

◎

\9,800

×

◎

\4,700

◎最安値

\4,243

 

子宮がんとは、どんな病気ですか?

 

頸がんと体がんに分けられる

子宮がんとは、どんな病気ですか?子宮がんは、がんのなかでは治癒率が高いほうで、ごく早い時期に病変を見つけて適切な治療をすれば治ります。子宮がんは、子宮頸部にできる子宮頸がんと、子宮体部の内膜にできる子宮体がん(子宮内膜がん)に分けられます。

 

頸がんと体がんでは、がん化する細胞の種類が違います。

 

がんの性質が違うため、頸がんと体がんでは、がんの発生に深い関係があるといわれるリスクファクター(危険因子)が異なっています。自覚症状の現れ方や治療法にも違いがみられ、かかりやすい年代にも微妙な差があります。

 

このようなことから、頸がんと体がんは別の病気として取り扱われています。

 

頸がん

 

頸がんは、症状がないのが一般的で、少し進むと不正出血がみられるようになります。

 

特に接触による出血が多く、性交後出血は頸がんの特徴的な症状とされています。排尿や排便時、運動後に出血することもあります。

 

接触出血はびらんでも起こりますが、このような症状が出たら、婦人科で診察を受けましょう。進行すると、接触とは関係なく出血するようになります。

 

おりものの状態も変わります。はじめは血が混じってピンク色や褐色になる程度ですが、しだいに膿状になり、さらに進行すると腐敗臭のある肉汁のようなおりものになります。

 

 

体がん

 

頸がんと同じく、初期にははっきりした症状がありません。

 

最初に現れる異常は不正出血です。はじめはサラッとしたおりものに血が混じってピンク色になる程度ですが、しだいに血の量が増えて粘りをもち、膿状になって悪臭を伴うようになります。出血もたびたびみられるようになっていきます。

 

閉経したのに、しばらくしてから出血があったら、迷わず婦人科で診察を受けましょう。

 

関連サイト:子宮がん検査

 


このページの先頭へ戻る