肝臓がん検査キット

がん検査キット

デメカル 

GME医学検査研究所 

KENSA 

ドクターアンドポスト 

肝臓がん検査

◎最安値

\9,000

×

×

×

 

肝臓がんとは、どんな病気ですか?

 

原発性と転移性のものがあります。

肝臓がんとは、どんな病気ですか?肝臓がんの発症には、C型肝炎ウイルスが大きくかかわっていると考えられています。C型慢性肝炎や肝硬変の人は定期的な検査が大切です。

 

肝臓には、血液が流人する大きな血管ルートが二つあります。肝臓を養う肝動脈と、消化管から来る門脈という静脈系のルートです。

 

がんは、血液を介して転移することも多いので、二つのルートを通じて大量に血液が送り込まれる肝臓は、がんが転移しやすい臓器といえます。

 

また、肝臓から送り出される血液も多量です。このため原発性肝臓がんは、肺や骨などほかの器官に転移を起こしやすいがんでもあるのです。

 

肝臓がんの症状には、がん自体が招く症状だけでなく、肝硬変によって引き起こされる症状も含まれています。

 

肝硬変による主な自覚症状としては、全身倦怠感、疲れやすさ、食欲不振、吐き気や嘔吐、歯肉からの出血や鼻血、腹水、急激な体重増加、むくみ、腹部膨満感などがあげられます。

 

一方、肝臓がん自体が招く自覚症状には、体重減少、発熱、黄疸、呼吸困難、心窩部の腫痛(みずおちのしこり)、腹部の膨満感、吐血や下血、突然の腹痛、貧血から生ずるめまいや脱力感、頻脈、冷や汗といった症状があります。

 

予防と日常生活の注意点

肝臓がんでは、発病しやすいハイリスク・グループの存在が指摘されています。ウイルス性の慢性肝炎や肝硬変の人は、ハイリスク・グループに当てはまります。自分の病気をよく理解し、医師の指示を守りながら日常生活を送ることが重要になります。

 

特に大切なのは、定期的な受診を怠らないことです。自覚症状が現れてから受診したのでは、治療が困難になりかねません。

 

日常生活では、原則として禁酒し、栄養バランスのとれた、たんぱく質の豊富な食事をとりましょう。当たり前のようですが、十分な睡眠時間を確保し、疲れを残さないようにすることも肝臓の炎症を抑えるためには大切な心がけです。

 

 


このページの先頭へ戻る