卵巣がん検査キット

がん検査キット

デメカル 

GME医学検査研究所 

KENSA 

ドクターアンドポスト 

卵巣がん検査

◎最安値

\9,000

×

×

×

 

卵巣がんとは、どんな病気ですか?

 

早期発見しにくい卵巣がん

卵巣がんとは、どんな病気ですか?卵巣は「沈黙の臓器」ともいわれるほどで、卵巣腫瘍の症状は、良性、悪性を問わずほとんどないのが特徴です。

 

卵巣がんの症状をしいてあげるとすれば、下腹部の不快感や圧迫感、しこり、おりもの、月経異常、不正出血などがあります。

 

何かはっきりした症状に気づき、それがきっかけで検査をしたというような場合には、すでに病状がある程度進んでいる状態と判断したほうがよいかもしれません。

 

 

例えば、がんのしこりが大きくなってくると、膀胱や直腸を圧迫して頻尿や残尿感、排尿障害、便秘などがみられるようになります。また、腸との癒着が起きて、腸閉塞や下腹部痛、腰痛などが激しくなってくることもあります。

 

これらの症状や急におなかが膨らんできたことに気づいたら、早めに受診したほうがよいでしょう。

 

また、卵巣がんでは、腹水がたまりやすいのも特徴です。がんが進んで、肺にまで転移すると、肺にも水がたまって、呼吸困難を起こすことさえあります。

 

ただ高齢者の場合、おなかが大きくなるまでまったく異常と思わない人も多いようです。

 

腹水も、初期には自覚症状として気づきにくいものですが、異常を感じたらなるべく早く受診したほうがよいでしょう。

 

 

 


このページの先頭へ戻る