がんを防ぐ食生活

がんの予防がんの予防には、野菜を中心に穀類、豆類などを組み合わせたバラエティーに富む食生活を心がけることが大切です。

 

 

緑黄色野菜を毎日食べる人は、がんによる死亡率が下がるという結果が出ています。野菜をたべることによるがん予防の可能性を示しています。

【がん】を防ぐ食生活記事一覧

アメリカ国立がん研究所は1990年にがん予防を目的とする「デザイナーズフーズ計画」を発表しました。疫学調査の結果、がん抑制に効果があるとされたニンニク、キャベツ、甘草、大豆などをはじめとする野菜や果物、香辛料、穀類の約40種類の食品があげられています。この計画は、がんを予防する錠剤やドリンクなど特定の機能をもった食品の開発まで視野に入れたもので、自然の食品をバランスよく食べてがんを防ぐという日本の...
人間のからだにはさまざまな防衛・免疫システムがあり、発がん物質を肝臓で分解して排泄したり、遺伝子の傷を修復したり、傷ついた異型細胞を自滅させたりしています。ところが、環境の悪化や食生活の偏りなどの影響もあり、イニシエーターもプロモーターも身の回りにあふれていて、からだに備わった機能だけでは防衛しきれないのが現状です。特に口から摂取する食物は臓器への影響力が大きいと考えられるので、がんの原因になる物...
がん抑制の有効な成分として、特に注目を集めているのがベータカロチンです。ニンジンやカボチャ、ホウレンソウなどの緑黄色野菜に多く含まれるオレンジ色の色素で、カロチノイドとよばれる化学物質の一つです。ベータカロチンの多い食品以前は、カロチンはビタミンAをつくるもととなる前駆体であるということしか判明していませんでした。しかし、ビタミンAとして使われずに残ったベータカロチンに抗酸化作用があり、がんを抑制...
ビタミンC、ビタミンEにも抗酸化作用があり、活性酸素を抑制して、主にイニシエーションを予防するうえで大きな役割を担っています。ビタミンCは、野菜などに含まれる亜硝酸塩と魚や貝などにある2級アミンが胃の中で結びついてできるニトロソアミンという発がん物質の生成を防ぐ働きをしています。魚を食べるときにレモンやスダチ、大根おろしなどを添えるのは、発がん物質の生成を防ぐという意味でも効果的といえます。またビ...
ベータカロチンの多い食品食品名100g中のカロチン量(μg) 青じそ8,700パセリ7,500ニンジン7,300モロヘイヤ6,400葉トウガラシ5,200ホウレンソウ5,200ヨウサイ4,300アシタバ3,700ツルムラサキ3,600春菊3,400小松菜3,300ニラ3,300ビタミンCの多い食品食品名100g中のVC量(mg)パセリ200ブロッコリー160芽キャベツ150菜の花120ニガウリ12...
がんの部位リスク予防になる食品と成分食道タバコ アルコール 刺激の強い食べ物緑黄色野菜 果物 ベータカロチン 茶のカチキン胃塩 タバコ たんぱく質の焦げ緑黄色野菜 果物 ベータカロチン ビタミンC 乳製品 茶のカテキン大腸タバコ アルコール 肉食 高脂肪・高たんぱく食 肥満緑黄色野菜 ベータカロチン 食物繊維 ネギ属野菜 茶のカチキン肝臓タバコ アルコールネギ属野菜肺タバコ アルコール 脂肪 コレ...
大腸がんの予防食として近年にわかに脚光を浴びているのが、野菜に含まれるセルロースや、果物や海藻に豊富なペクチンなどの食物繊維です。肉類中心の食事に偏って、食物繊維のとり方が少ないと便の量が少なくなります。便が大腸に長時間とどまると、発がん物質の刺激を受けやすく、大腸がんが発生しやすくなると考えられています。食物繊維は便秘を防ぎ、便の量を増やすだけでなく、発がん性がある化合物を吸着して、体外に排出す...
一般に日本では、野菜を1日に300g、そのうち緑黄色野菜を100g以上とるのが目安とされています。さらにいも類を100gと果物を加えます。このほかにも、食物繊維の豊富なキノコ類や海藻類、がんを防ぐ有効成分が含まれる豆類、オートミールやシリアルなどの穀類、乳製品もバランスよくとりましょう。肉類の多い食事は高脂肪、高たんぱくに偏り、肥満を引き起こしがちで、大腸がんや乳がんのリスクを高めるといわれます。...
塩分過多は胃がんを引き起こす塩分をとりすぎると、胃の粘膜を刺激して胃がんを発生させやすくするため、1日10g以下に抑えるようにします。熱い物をとることも食道への刺激となり、食道がんの危険性を高めますから、冷ましてから飲み込みましょう。肉や魚などのたんぱく質が焦げた部分には、発がんの引き金になるヘテロサイクリックアミンが含まれています。ナッツなどのカビに含まれるアフラトキシンにも強い発がん性がありま...
タバコの煙には、タール、一酸化炭素など200種類以上の有害な化学物質が含まれています。タールの中のベンツピレンは細胞の遺伝子に突然変異を起こし、発がんの原因になることが知られています。喫煙と肺がん、咽頭がん、口腔がんとの間には明らかに相関関係があり、1日に吸うタバコの本数が多く、また吸い始める年齢が低いほど、がんになる確率は高くなります。タバコを一日50本以上吸う人は、吸わない人の35倍も肺がんに...
バランスのとれた栄養をとる毎日、変化のある食生活を食べすぎを避け、脂肪は控えめにお酒はほどほどにタバコは吸わないように緑黄色野菜をたっぷり。食べ物から適量のビタミンと食物繊維の物を多くとる辛い物は少なめに、おまり熱い物は冷ましてから焦げた部分は避けるカビの生えた物に注意日光にあたりすぎない適度にスポーツをするからだを清潔に

このページの先頭へ戻る