前立腺がん検査キット

がん検査キット

デメカル 

GME医学検査研究所 

KENSA 

ドクターアンドポスト 

前立腺がん検査

◎

\9,000

×

◎

\4,200

◎最安値

\4,027

 

前立腺がん検査は、何を検査する?

 

前立腺が肥大したり、前立腺がんになると増加するPSA(前立腺特異抗原)が、血液中にどれだけ含まれているかを測定し、前立腺がんの疑いを検査します。

  • 検体物:血液
  • 検査内容:PSA(前立腺特異抗原)測定

郵送検診の商品の内、胃がん検査や、前立腺がん検査など、検査のために採取する検体が血液のものがあります。

 

お客様に商品をお薦めするにあたって、「血液を自分で採取する」ことのイメージがまったく湧かないお客様がほとんどです。

 

お取次者様/販売者様におかれましては、以下の説明や検体採取の動画をご覧いただき、血液の採取方法のイメージをお伝えすることにお役立てください。

 

血液の採取に際して、指先に「ランセット」という細い針が隠された器具によって、その針で指先に小さなキズを付けます。

 

残念ながら、お取次者様/販売者様に以下の資料や動画では、その痛みまでお伝えすることはできませんが、皆さんも、過去にこのような経験はありませんか?

 

「書類を挟んでいるホチキスの針がちゃんと曲がっていなくて、誤って指先にホチキスの針が刺さってしまった。」

 

あの時のホチキスの痛みの10分の1くらいです。(個人により差が違います。)

 

心配するほど、痛いものではありませんし、過去に、出血が止まらないなどの事故は発生していません。

 

指先に針を刺し、採血をする採血器具ランセットが入っています。おひとりで簡単に採血することができます。

 

前立腺がん

 

男性特有の臓器に発生するがん

前立腺がんとは、どんな病気ですか?前立腺がんは、男性特有の臓器である前立腺に発生するがんです。

 

前立腺は、たくさんの腺組織からできていて、精液の一部を構成する前立腺液をつくりだす重要な役割を果たしています。

 

前立腺は、膀胱頚部から尖部までの尿道の周囲にある内腺と、その外側の外腺とに分けられます。前立腺がんは、外腺から発生するのが大きな特徴です。

 

高齢の男性によくみられる前立腺の病気に、前立腺肥大症があります。前立腺がんも前立腺肥大症も排尿困難、頻尿、残尿感といった同じ症状が現れるため、前立腺がんを理解するには、前立腺肥大症についての知識も必要といえます。

 

前立腺肥大症は、前立腺内腺が肥大して結節性腫瘤(こぶ)ができる病気です。

 

検診による早期発見が何より大切

 

前立腺がんの発症には、緑黄色野菜の摂取不足や過度の飲酒、高脂肪の食生活などがかかわっていると考えられます。

 

そこで、日ごろから野菜や魚を積極的にとるように心がけ、お酒はなるべく控えるようにしたいものです。

 

また、50歳を過ぎたら、定期的に前立腺の検査を受けるようにしましょう。

 

排尿障害や腰痛、坐骨神経痛などの症状がある人は、特に注意が必要です。こうした症状は、年をとれば多くの人に現れるものですが、同時に前立腺がんを発見するうえで、大変重要なポイントとなります。

 

年をとったからとあきらめたり、放っておいたりせず、早めに泌尿器科を受診して、原因を明らかにすることが大切です。ほかのがんと同様、前立腺がんも早期発見こそが最も重要です。

 

 


このページの先頭へ戻る