胃がん検査キット

がん検査キット

デメカル 

GME医学検査研究所 

KENSA 

ドクターアンドポスト 

胃がん検査

◎

\9,000

◎

\6,010

◎

\9,260

◎最安値

\4,999

 

胃がんとは、どんな病気ですか?

 

正常細胞が傷ついてがん化する

胃がんとは、どんな病気ですか?胃がんの場合、粘膜の分泌細胞から発生します。それは、分泌細胞の中の遺伝子がタバコや食品中の残留農薬、ウイルスなどの発がん物質によって傷つくことから始まります。

 

通常、健康な細胞は数日から数百日で新しい細胞と入れ替わりながら機能を維持していきます。

 

その際、細胞のなすべきことのすべての情報を伝えるのが遺伝子で、この情報は次世代の細胞に正確に引き継がれていきます。

 

ところが遺伝子が何度も傷つくと、その情報が狂ってきて勝手に増殖を始め、周囲の細胞を侵食するようになります。

 

これが、がんです。胃の中でたった一つ発生したがん細胞は、分裂を重ねながら徐々に大きくなっていきます。

 

 

初期にはほとんど無症状で、ある程度進行してはじめていろいろな症状が現れます。最初の症状としては、胃が張る、違和感がある、鈍い痛みがあるといったものがあります。

 

空腹時や食後に感ずることが多いのですが、次第に食事とは無関係に感ずるようになります。

 

胃がんが進行すると、食欲不振、吐き気、胸やけ、吐血、下血、貧血などの自覚症状が出てきます。

 

また、がんが胃の入り口近くにあると、入り口を狭くするために飲み下しが悪くなります。

 

胃の出口近くにあると、食べ物がたまって嘔吐が起こります。しかし、いずれも胃がん特有の症状ではなく、胃炎、胃・十二指腸潰瘍などでも現れる症状なので、混同しがちです。

 

疑わしい場合は病院へ行き、検査をするのが賢明です。

 

胃がんを予防する食生活

栄養素のなかには、がんを抑制する働きをもつものがあります。ジャガイモ、イチゴ、緑の濃い野菜やフルーツに大量に含まれるビタミンCには、発がん物質の一つであるニトロソアミンの体内での合成を抑制する作用があります。

 

胚芽米や落花生などに多く含まれるビタミンEには、脂肪分が体内で酸化するのを抑え、がん化を促進する物質の生成を抑制する作用があります。

 

またカボチャ、ニンジン、ウナギなどに多く含まれるビタミンAやβ-カロチンも、がんの発生を抑制する作用があることが知られていますので、積極的にとりたいものです。

 

 


このページの先頭へ戻る